【サッカー】「初心者でもこれさえ見ればOK!コロンビア代表の秘密を有識者が徹底解剖!」

1 :3倍理論 ★:2018/06/13(水) 23:12:50.84 ID:CAP_USER9.net
日本代表のワールドカップ初戦までいよいよカウントダウンが始まった。

初戦の相手はご存知の通り、南米の雄コロンビア。

前回大会では日本を一蹴してベスト8まで到達。大会中にスターの仲間入りを果たしたハメス・ロドリゲスが大会得点王になったことも記憶に新しいだろう。

あれから4年が経過…。

ハメスは紆余曲折を経ながら成長し、前回は怪我で不参加となったラダメル・ファルカオも今回は準備万端。

ダビンソン・サンチェス、ジェリー・ミナのように若くして欧州トップクラブで活躍するタレントも台頭してきた。

我々の前に今回も彼らが立ち塞がることは間違いないだろう。

しかし、日本が前進するためには乗り越えなくてはならない。

過去5大会において、グループリーグ初戦を落としたチームが決勝トーナメントに進出した確率はわずかに約12%ほど。わずか7例(チーム)しか存在しないことは有名な話だ。

無論、2002年大会で3位に躍進したトルコ、2010年に初優勝を飾ったスペインのように、この「悪しきジンクス」を跳ね返したケースはある。

とは言え、「初戦における重要度」は明白であり、日本にとっては「コロンビア攻略」がグループリーグ敗退の鍵となることは言うまでもない。

果たして攻略法は存在するのだろうか…。

その疑問をQolyで記事を寄稿するカレン氏に率直にぶつけてみた。

内容が多岐に及んだため長編になってしまったが、コロンビアの知識が全くない方でも楽しめる解説をお願いしたので、観戦前の「予備知識」として最後まで読んで頂けると幸いだ。

Qoly(以下、――)いよいよ、ワールドカップ初戦が迫ってきました。今回はコロンビアに焦点を当てたいと思うのですが、かなりチェックはされているようですね。

カレン(以下、省略)一応、彼らの南米予選は改めて振り返り、その後の親善試合もここまで全て見ました。

(今のところ)もう日本戦まで彼らは強化試合を予定していないようですし、現在の状況から本大会までに大きく変わることはないでしょう。

もちろん、左サイドバックのフランク・ファブラが怪我で離脱してファリド・ディアスが追加招集されたように、メンバーの入れ替えの可能性は最後まであると思いますが。

――前回大会ではベスト8。日本も彼らにはやられましたし、すっかり「強豪」というイメージが付いていますが、チームの印象を簡単に教えてもらえますか?

一つ言えるのは、前回大会よりもチーム力は確実に上がっていますね。

当時の主将であるセンターバックのマリオ・ジェペスは引退し、欧州のトップレベルでプレーしていた主力のフレディ・グアリン、フアン・スニガはあれから失速。

他にもパブロ・アルメロにジャクソン・マルティネス。日本にも馴染みの深いビクトル・イバルボなど、この4年間でトーンダウンしてしまった選手が代表から離れていきましたが、彼らの不在を感じさせません。

――その代わりが出てきたということですね。

ええ、特に後ろは充実しました。

GKのダビド・オスピナはアーセナルに移籍したものの…ですが、ダビンソン・サンチェスというワールドクラスのセンターバックが現れ、バルセロナに若くして引き抜かれたジェリー・ミナのような大器も出てきました。

中盤からも前線もハメス・ロドリゲスが成熟してきましたし、右サイドのフアン・クアドラードもユヴェントスで成長を遂げ、今や世界屈指のサイドアタッカーです。

カルロス・サンチェス、アベル・アギラルのボランチコンビは年齢からくる衰えはあるかもしれませんが、このポジションにもリオ五輪世代であるジェフェルソン・レルマとウィルマル・バリオスがきっちりとメンバーに名を連ねています。

この二人はまだまだネームバリューこそ高くありませんが、本当に高い能力を備えているので、大会中にベテラン勢からスタメンを奪取してもおかしくないです。

5 :3倍理論 ★:2018/06/13(水) 23:15:19.78 ID:CAP_USER9.net

――では、このポジションに入るのは?

レギュラー候補筆頭はムリエルでしょうか。

イスキエルドは途中から流れを変えられる選手なので、ジョーカーの一人として控えに置いておくかと思います。

ムリエルは、DFラインの裏を突いたり、サイドから中央へ斜めに侵入できる選手で、コロンビアの戦術的にもマッチしやすい。

絶対的なスピードもあるので、ハメスのスルーパスからだったり、右サイドのクアドラードのクロスに飛び込んだり、「受け手」としても優秀です。

少し話は反れますが、こういうタイプの選手って、けっこう日本が苦手としている印象がありますね。なので、「意外な形でムリエルにやられた」というシーンも起こり得るんじゃないかと見ています…。

と言った矢先にあれですが、ペケルマンは、ムリエルよりもウリベを選択する可能性はありそうです。

――今季メキシコのクラブ・アメリカで活躍。北中米のチャンピンズリーグ、国内リーグでもベストイレブンとなった選手ですね。

はい。

オフ・ザ・ボールの能力が上がったことで得点能力が向上しました。本来はトップ下で活きる選手だとは思いますが、代表では左サイドだったり、クアドラードがいない時は右サイドでも起用されています。

そして、そこで本当に「気の利いた動き」を見せていたんですよね。

ムリエルが得意とするゴール前への飛び出しやドリブル突破はあまり期待できないかもしれませんが、攻撃のリズムや流れに乗っかるのが本当に巧い。

エジプトとの親善試合では左サイドで起用されていましたが、特にハメスのサポート役としての働きが目立っていました。

前述のようにハメスは「ハーフスペース」から「サイド」にかけてフラフラすることが多いのですが、彼が左サイドに張った場合は、ウリベが「ハーフスペース」の位置を取ります。

このちょっとした動きで、ハメスには選択肢が増えますし、万が一、ボールを奪われた際にはウリベが「第一防波堤」として守備にも走れるわけです。

本当に「今自分が何をすべきがわかっている選手」なので、ペケルマンとしてはムリエルよりも「使いやすさ」を感じているんじゃないでしょうか。

運動量や守備面も及第点以上の選手ですし、ボランチへとポジションを変えることも可能です。選手交代なしにフォーメーションを変えられるというのは監督にとって有難い存在でしょう。

なので、その汎用性やチームのバランスを考えると、今のコロンビアの左サイドはウリベのほうが良いかと思っています。

――少し話を戻しましょう。コロンビアの攻撃パターンを簡単に教えて欲しいです。

誰でもわかるような簡単な表現で言ってしまうと、可能性を感じさせる攻撃のほとんどが「ハメス経由」です。

彼とファルカオの縦関係の崩しだったり、自らバイタルエリアやペナルティエリア内に侵入してのシュートだったり、左サイドからシンプルにクロスを入れたり、右サイドへのサイドチェンジで大きく展開したりですね。

ハメスは「チャンスメイカー兼シャドーストライカー」としての能力が世界でもトップクラスですし、彼が攻撃の全権を握る流れは当然だとは思いますが…。

――ただ、「ハメスだけ」ではない?

そうですね。ハメスから始まらない攻撃パターンも高いレベルであるのが、コロンビアの強さの理由です。

右サイドのクアドラードは、突破力がありキックの精度やバリエーションも優れています。なので、彼が右サイドからクロスを上げて、そこにファルカオやハメスが合わせる形も当然あります。

https://qoly.jp/control/files/b9624d74-a35d-f1dc-9e50-9a0a7593579a.view

さらに、クアドラードについては、ドリブルを警戒して「縦を切る守備」をされると、斜めの動きでペナルティエリアに侵入してのシュートもあります。ハメスほどの決定力やシュート力はないですが、得点を奪うには十分なレベルです。

また、両サイドバックの攻撃センスも高いので、ハメスやクアドラードが起点となり、そこからサイドバックが裏を取る。またはペナルティエリア内まで侵入してプルバック(マイナス気味のクロス)というパターンもあります。

クロス攻撃の場合、中に入ってくる人数自体は決して多くないため「怖さ」はそこまでないかもしれませんが、一人、二人だけでゴールを奪えてしまう選手が揃っていますし、ある程度の守備ブロックであれば破壊できるでしょう。

12 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:21:15.53 ID:u21PpgWz0.net

初心者が読みたくなるような簡潔によろしく

32 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 01:26:00.48 ID:nMkfEQUP0.net

>>30
コロンビアに宇佐美クラスの雑魚がいるわけないだろ

19 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:30:30.45 ID:5TridSB00.net

オワタ

17 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:27:07.89 ID:OCzwQQrC0.net

エスコバル

17 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:27:07.89 ID:OCzwQQrC0.net

エスコバル

46 :名無しさん@恐縮です:2018/06/16(土) 01:22:26.77 ID:vRSuv6tp0.net

>>1

下痢崎の守備が糞なのバレてる()
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180614-00010005-sportiva-socc

40 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 11:01:50.45 ID:4wa2pnLU0.net

初心者でもOKとか大口叩くのなら
日本代表の選手名出してコロンビアのこいつにはこの選手を当てればこう出来るとか
もっと分かりやすい説明のしかたをして欲しかったよな

42 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 18:46:45.51 ID:abbJHzl90.net

卓上の空論

15 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:24:22.07 ID:P1qLMVoR0.net

3行で頼む

26 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 00:03:40.38 ID:cgpa9O8g0.net

有識者っても素人じゃないか

25 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:59:50.75 ID:8DdPObyx0.net

>>1
まぁ、日本も予選の時に初戦で負けた国は
ワールドカップに出場出来ないとか言われてたし…w

39 :bomxサッカーユニフォームショップ:2018/06/14(木) 10:46:20.31 ID:kwT2Oeyp0.net

bomx.orgでは海外代表や海外名門チームユニフォームを豊富に取り揃えています。
手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。
全品送料無料、10000円以上お買い上げでさらに5%OFF。
興味がある方はご自由に使ってください!

16 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:24:39.75 ID:JJkMNOZL0.net

産業でまとめて

6 :3倍理論 ★:2018/06/13(水) 23:15:51.24 ID:CAP_USER9.net

――ただ、左サイドバックで言うと、主力のフランク・ファブラがメンバー発表後に怪我で離脱。代わりにベテラン34歳のファリド・ディアスが追加招集されました。

ただ、その代わりに入るであろうホアン・モヒカで十分その穴は埋まると思います。単純にクロスの精度だけを考えると、モヒカのほうが安定していますし。

ファリド・ディアスはどちらかと言えば守備面で真価を発揮するタイプなので、追加招集は「保険」の意味合いが強いでしょう。コロンビアは戦術上、サイドバックの攻撃力は不可欠ですから、そうなるとディアスが先発の可能性は低いですね。

また、右サイドバックのアリアスは左サイドバックをこなせますし、その場合はボランチのレルマを右サイドバックで使って対応という考えもできます。

なので、日本側からすると少々残念ですが、この離脱が「穴」になることはないでしょう。

――いずれにせよ、コロンビアはどちらかと言えば、カウンターを狙うよりは自分たちで攻撃を仕掛けるタイプなのでしょうか。

基本的にはそうだと思います。

ですが「相手の力量やシチュエーションによってカウンター重視にシフトするチーム」と評するほうが適切かもしれません。

前から積極的にボールを追いまわすことはないですが、ボールを奪うエリアを高めに設定する戦術はこれまで度々見られました。

フランスとの強化試合では二点ビハインドから三点を奪って逆転しましたが、そのきっかけを作ったのも積極的な守備からでしたしね。

ただ、ハメスやファルカオを守備に奔走させるわけにはいかないので、そのようなサッカーを行ったとしても限定的でしょう。

それよりも前述のイスキエルドだったり、かつて「コロンビアのメッシ」とも呼ばれた、フアン・フェルナンド・キンテーロのような流れを変える選手の交代カードを切って、なるべく自分たちが主導権を握る戦い方に持ち込みたいはずです。

――そのキンテーロは注目されている選手の一人ですね。

前回大会にも参加していましたが、その才能を見込まれて移籍したポルトではレギュラーポジションを掴めず、その後はレンタル生活。今季加入したリーベル・プレートで“それなりに”存在感を見せて、今回も代表に呼ばれた感じですが、実力は間違いなく高いです。

独特なリズムを持っていますし、ボールタッチを一つ見るだけで「違い」を感じさせるタレントで、想像力やキックの精度はハメスと遜色がありません。

彼が入ると、コーナーキックも任せられます。

これで決定力の高いハメスがゴール前に入れるので、彼の得点力を活かすことが可能になります。

スタートから彼を起用するには少々リスクがありますが、出場機会は必ず訪れるであろう選手なので、登場した際には是非注目して欲しいですね。

グループリーグにおいて、日本にとって最大の強敵になるであろうコロンビア。

今回はカレン氏の分析を元に攻撃面に焦点を当ててみたが、そのイメージは湧いただろうか。

そして気になるのは「コロンビア攻略法」だが、その質問に対してカレン氏は「いくつかあります!」と豪語。

次回は「日本がどのように戦うべきか」をテーマにして話を展開させたいと思う。

https://qoly.jp/2018/06/13/vs-colombia-analytics-1-column-cullen-1?part=8

38 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 08:52:18.87 ID:HoMoKnWt0.net

>>15
ホイッスル
スタートダッシュで
ハメ殺し

読み人 内田

43 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 19:53:22.82 ID:E1xlev1N0.net

日本代表のワー

まで読んだ、褒めて褒めて

36 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 05:55:11.05 ID:UdstdmrB0.net

コロンビアに勝てるとは思えんが、100に1つ程でも無いのかな?
ハメスを殺すために2人割いたとすると、
数的不利と南米の個のテクニックに押されてやっぱり負ける道しか思い浮かばないんだが
南米は守備が鉄壁のイメージなんで2点取れないだろな

9 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:19:36.81 ID:/z8s0+tb0.net

徹底解剖、をなぜ対話式にしたのか

47 :名無しさん@恐縮です:2018/06/16(土) 01:27:46.71 ID:uH7XIn5O0.net

bsでやってたのとだとサイドの守備がザルだったんだっけ?
乾香川のコンビネーションで余裕で勝てるだろ

14 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:23:36.69 ID:yYqpdjKh0.net

相手FW潰さなきゃ意味ないよ

27 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 00:15:49.63 ID:qnzWovfK0.net

日本が勝つためには自分達のサッカーを棄てて
徹底的にハメスをマークする

22 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:52:54.83 ID:UKTNXyYf0.net

▼バティストゥータが9歳で本格的にサッカーを始めたと思ってるバカ発見

372. 名無しさん@恐縮です 2018/05/22(火) 11:04:38.33 ID:RCzLiyT80
>>365
17歳じゃなくて9歳だぞマヌケ

8 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:18:37.24 ID:EEeA/izc0.net

長い

33 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 01:27:23.03 ID:h2uQ0xlU0.net

これは無理だろうw

44 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 21:36:28.91 ID:nMkfEQUP0.net

>>41
マジでダークホースだな

18 :>>0034513あほANAJAL企業業界:2018/06/13(水) 23:27:38.17 ID:LhoM/Je00.net

>>2
可変的なフォーメーションがコロンビアの特徴だなんて
わが日本は付いていけずにFK献上の怖れ極大。
選手迎えのバス2台出して騙して別々のスタジアムへでも
行かせてコロンビア戦力分断を図るしか手はないな。

20 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:32:50.68 ID:2kDALnJS0.net

3行でまとめると
攻略法は
次回に続く

30 :名無しさん@恐縮です:2018/06/14(木) 00:44:00.21 ID:rmUhnqMi0.net

ハメス以外雑魚ということ。ハメスには岡崎と吉田の2人で常時マークで退治可能。他は雑魚なので放置しててもパスミス、シュートミスのオンパレードだろう。攻撃は宇佐美と本田コンビで決まり。コロンビアにはハメス以外には宇佐美レベルの選手はいない。
いずれにせよロシアの隣国、日本が優位に決まってる。コロンビアは地球の裏側であり、季節も逆転してる。絶望のコンディションだろう。

10 :名無しさん@恐縮です:2018/06/13(水) 23:20:09.66 ID:+WNFa3hZO.net

初心者はこんな長い記事を読まない

更新頑張る!!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)