【高校バスケ 選手が審判をぶん殴る事件】 審判の男性、被害届を出さない意向。 「今回のことでバスケを嫌いになってほしくない」 ★3

1 :代行@ベクトル空間 ★:2018/06/17(日) 22:42:06.81 ID:CAP_USER9.net
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180617/k10011481881000.html
全文はリンク先見てください

長崎県で行われた高校のバスケットボールの公式戦の試合中に、宮崎県の強豪校、
延岡学園の留学生の男子選手が審判を殴ったことがわかり、高校体育連盟などが処分を検討しています。

宮崎県延岡市にある延岡学園によりますと、選手は留学生で「オフェンススクリーン」
というプレーをした際に反則を取られ、審判を殴ったということです。
審判の男性は病院に搬送され、10針縫うけがをしたということです。
選手はその後、監督とともに長崎県の大村警察署に出向いて経緯を説明し、
審判の男性には警察署で直接会って謝罪したということです。

その際、審判の男性は「今回のことでバスケを嫌いになってほしくない」として、
被害届は出さない意向を示していたということです。

★1 2018/06/17(日) 20:43:26
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529239009/

155 :名無しさん@恐縮です:2018/06/17(日) 23:13:01.69 ID:Vt+jA5kS0.net

>>3
プッ

更新頑張る!!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)